iphone修理時に注意をしたいこと

iphoneを利用している方はかなり多くなってきていますが、破損や水没など様々なトラブルによって使用できなくなってしまった場合、
早めに専門窓口に修理を依頼する必要が出てきます。
一般的にiphone修理はAppleStore、Apple正規サービスプロバイダでの修理を受ける必要があります。

しかし正規窓口は様々なApple製品の修理依頼をする人が多くいる場合が高いので、修理をしてもらおうと持ち込んでも受けられず、長時間待つ必要が出てきます。
そのためAppleStore、提携している携帯ショップに持ち込む際には、営業時間の確認を時間に余裕を持って行くことが大切です。

ただ、AppleStore、提携している携帯ショップで依頼する際、大抵はスマートフォン内のデータが消去されてしまう可能性が高いです。
そのためバックアップが取れる状態であれば、持ち込みの前に自宅のパソコンなどを利用してiCloudやiTuneを通してデータバックアップを取っておく必要があります。

データのバックアップに関しては窓口では一切やってくれないため、自分でデータが取り出せない状態の場合中の大切な写真や動画、ゲームアプリなどのデータなどもすべて消去されてしまうことを念頭に入れておくことが大切です。
バックアップがとれない状態で、データをどうにか消さないで出したいと思っているなら、スマホ修理業者を利用することをおすすめします。

スマホ修理業者はAppleだけではなく、様々なメーカー、他キャリアでも問題なく修理を受けることが出来る特徴があります。
正規の窓口ではないため、一度スマホ修理業者に持ち込み、依頼すると一切Apple側のサポートが受けられなくなる可能性があるので、利用する場合は注意をしましょう。
しかしスマホ修理業者は基本的に壊れた部分の修理だけを行うので、フロントガラスやバッテリー、ホームボタン、近接センサーなど、不具合のある部品だけを交換し、データはそのままで返却されます。