正規店と非正規店のiphone修理比較

iphoneを愛用しているという方は、さまざまな場面で利用することもあるでしょう。ですが、使い続けていれば故障してしまうこともあります。そのためiphone修理をする必要がでてきます。基本的には正規店を利用するというのが一般的ですが、非正規店でもiphone修理を受け付けているため双方のメリットやデメリットをチェックしてみましょう。
正規店のメリットとして、修理においての質が安定している点や保証が使えるという点です。正規店に依頼すればきちんとした対応が期待できるため安心して任せることができ、保証期間内であれば保証で対応してもらえるというのは利用している側としては大きなメリットといえるでしょう。
デメリットとしては、費用が高い点や古い機種の場合には修理をしてもらえない可能性がある点です。保証期間内ならば費用的な面は問題ありませんが、保証期間外の場合には費用が高いというのはデメリットといえます。また、長年愛用した古い機種を持っている場合には対象外となる可能性があるため注意が必要です。
非正規店の場合には、費用が安い場合がある点や持ち込みの場合には、即日持ち帰れる可能性がある点、そして古い機種であっても対象となる可能性がある点です。そのため、保証期間が過ぎてしまっている機種や早く修理してもらいたい場合などは非正規店に持ち込むことによりメリットとなるでしょう。また、古い機種で正規店で対応してもらえない場合でも非正規店なら対応が可能なケースもあるためどうしても修理してほしいという古い機種がある場合には非正規店を何店舗かめぐってみるというのも一つの方法です。
デメリットとしては、一度修理してもらうことで正規店に持ち込めない、保証もなくなる点です。費用が安く、対応の早さが大きなメリットでありますが、デメリットもきちんと把握しておき正規店、非正規店どちらを選ぶか判断することが大切だといえるでしょう。